自宅サーバー構築の日々を記録と言いながら単なる日記だったりして・・

LinkStationを再組立

Debian化が一通り完了したので LinkStation を再組立。シリアルコネクター&基盤は本体背面に両面テープにて取り付け。基盤むき出しが気になるので、プラ板細工でケースもどきを作ろうかな。
20040418.gif

LinkStation Debian化メモ・その2

☆ppc_uartd 非依存環境の構築


(1) 2ch ”玄人志向「玄箱」で自宅サーバー”スレ発・電源ボタン管理ソフト
kuroevtd インストール。


$ wget http://kaguya.biz/kuro-box/kuroevtd_1.1.0.tgz
$ make
$ su
# make install

(2) /etc/init.d/kuroevtd 設定

kuroevtd 立ち上げ後、AVR パソコン(/dev/ttyS1)にコマンド送信。

これを行わないと電源ランプの明滅が止まらず、一定時間経過後に電源の
強制切断が行われる。

#! /bin/sh

DAEMON=/usr/sbin/kuroevtd
NAME=kuroevtd
case "$1" in
start)
echo -n "Starting kuroevtd: "
start-stop-daemon --start --quiet --exec $DAEMON
sleep 3
echo -n "AAAA" > /dev/ttyS1
echo -n "FFFF" > /dev/ttyS1
echo -n "JJJJ" > /dev/ttyS1
echo -n ">>>>" > /dev/ttyS1
echo -n "VVVV" > /dev/ttyS1
echo -n ">>>>" > /dev/ttyS1
echo -n "ZZZZ" > /dev/ttyS1
echo -n "VVVV" > /dev/ttyS1
echo -n "KKKK" > /dev/ttyS1
echo "ok"
;;
stop)
echo -n "Stopping kuroevtd: "
killall kuroevtd
;;
*)
echo "Usage: /etc/init.d/$NAME {start|stop}"
exit
;;
esac
exit

(3) rc*.d 設定

# update-rc.d kuroevtd defaults 99

(4) 電源ボタン長押し時=電源切となるように


/etc/kuroevtd/powerpress を以下設定


#! /bin/sh

echo -n "EEEE" > /dev/ttyS1
/sbin/shutdown -h now

※以上の設定で /usr/sbin/ppc_uartd は不要になる。


○ LinkStation 用 halt , reboot コマンドを用意。


LinkStation上で単に halt を実行するだけでは電源が切れないし、reboot コマンドを
実行しても再起動してくれないので以下専用コマンドを /sbin に設定。


・リブートコマンド ls-reboot


#! /bin/sh
echo -n "CCCC" > /dev/ttyS1
/sbin/shutdown -r now

・システム停止コマンド ls-halt

#! /bin/sh
echo -n "EEEE" > /dev/ttyS1
/sbin/shutdown -h now

○ OpenBlokSS 専用コマンドの削除


/usr/local/sbin

-rwxr-xr-x 1 root root 15448 Oct 6 2000 flashcfg

-rwxr-xr-x 1 root root 5752 Oct 6 2000 pshdM

-rwxr-xr-x 1 root root 4840 Oct 6 2000 runled


以上3プログラムは、OpenBlokSS 専用なので不要。/etc/init.d /etc/rc*.d の記述も削除。

中身を広げてインストール中

こんな感じで、中身を広げて Debian インストール中です。
20040417.gif

LinkStation Debian化メモ・その1

※作業にはLinkStationの他に、作業用のDebian機(セカンダリーIDEポート・マスターに機器非接続の必要あり)が必要。
※LinkStaion側の作業はシリアルコンソール経由で実行。

(1) 作業用マシン(Debian機)に作業用ディレクトリを作成

# mkdir /linkstation
# mkdir /linkstation/root

(2) OpenBlockSS用Debianディスク・イメージ(2002-04-05版) (約28MB) http://his.luky.org/ftp/OBU/people/ozawa/OBSS/debian-obss-2002-04-05.tar.gzl を /linkstation にダウンロード

# cd /linkstation
# wget http://his.luky.org/ftp/OBU/people/ozawa/OBSS/debian-obss-2002-04-05.tar.gz

(3) 作業用マシン電源断。

(4) LinkStation を分解し内蔵ディスクを取り出す。これを作業用マシンのセカンダリーIDEポートに接続した後、作業用マシン起動。

(5) LinkStation オリジナルディスクマウント。

# mount /dev/hdc1 /linkstation/root

/linkstation/root/lib/modules/ デイレクトリ以下と
/linkstation/root/usr/sbin/ppc_uartd を作業マシンにコピー

(6) 作業用マシン電源断。

(7) 別途Debian化ハードディスクを用意。これを作業用マシンのセカンダリーIDEポートに接続した後、作業用マシン起動。

fdisk にて
 /dev/hdc1 / 用    3000M
 /dev/hdc2 swap域   128M
 /dev/hdc3 /home 用 残り全部
を割り当て

ハードディスクフォーマット
# mke2fs -j /dev/hdc1
# mke2fs -j /dev/hdc3
# mkswap /dev/hdc2

(8) Debian化ハードディスクをマウント。

# mount /dev/hdc1 /linkstation/root

OpenBlockSS用Debianディスク・イメージを /linkstation/root 以下に展開

/lib/modules/ のコピーを /linkstation/root/lib/modules/ に展開
/usr/sbin/ppc_uartd を /linkstation/root/usr/sbin/ にコピー

(9) 設定書き換え

/linkstation/root/etc/fstab
      / のファイルタイプを ex2 から ex3 に変更
/linkstation/root/etc/hostname
      好きなホスト名に
/linkstation/root/etc/hosts

/linkstation/root/etc/inittab
      ttyS0 の速度を 115200 から 57600 に変更
      コンソール端末側の速度も 57600 に設定
/linkstation/root/etc/resolv.conf
      nameserverを登録
/linkstation/root/etc/network/interfaces
      eth0 の設定を環境に併せて書き換え、eth1の設定は削除

(10) Debian化ハードディスクを取り出しLinkStationに組み付け。

電源投入後ログインプロンプトが表示されたら、ユーザー root パスワード root でログイン。このままだと POWER ランプの明滅が止まらずしばらくすると電源断となるので、ログイン後直ぐに /usr/sbin/ppc_uartd を実行。

(11) 各種設定作業(外部ネットワークへの接続環境要)

 1.root パスワードの変更、ユーザーアカウントの追加

 2.パッケージのアップデート・選択・設定
 
  #apt-get update
  #apt-get upgrade
  #apt-get clean

  #dselect にてパッケージの取捨選択・インストール

以上で LinkStation の Debian 化完了。残る作業は ppc_uartd 無しでの稼働環境の設定。

ppc_uartd を使うと、 /dev/hda3 に /mnt をマウントしないとエラーランプが明滅したり、電源断用スクリプトを /www 以下に置かないといけない等の制約があり、なんとなく気持悪い( /www なんていかにも httpd 用ディレクトリにシステムコマンドを置くなんてぇ〜)ので、これに依存しないで稼働出来るように環境設定する予定。

OpenBlockSS用Debianディスク・イメージを使ってみよう

同じPPC仲間なOpenBlockSS用Debianディスク・イメージを使えば、とりあえずのDebian化ができそうな感じ。先ずはこのイメージで動作環境を作って、その後LinkStationに適したものにする事にしよう。

という事でただ今 OpenBlockSS用Debianディスク・イメージ(2002-04-05版) (約28MB) ダウンロード中。明日は7時起きなので作業はこれで終了。
記事検索
ギャラリー
  • 傷害保険(携行品特約付)証券到着
  • 傷害保険(携行品特約付)証券到着
  • 携行品保険を使い中古スマホに落下&水没補償を付けよう
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その4
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その4
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その3
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その3
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その3
  • AntRouter R1 改造パッチを試してみる
  • AntRouter R1 改造パッチを試してみる
Twitter プロフィール
Amazonライブリンク
アーカイブ