自宅サーバー構築の日々を記録と言いながら単なる日記だったりして・・

先ずは先達の情報を元にVine化を

山下康成さんのサイト「LinkStation/玄箱 をハックしよう」より配布いただいたLinkStation HD-HLAN シリーズ/玄箱 ハックキットを使ってVine化を試してみる。

母艦(作業用Debia機)を用意して、LinkStationオリジナルハードディスクよりカーネルモジュールと電源管理プログラムを吸い上げ、パーテーション作成&フォーマット済みなハードディスクにハックキット添付のVineイメージを展開、そして吸い上げておいたカーネルモジュールと電源管理プログラムのコピーで作業完了。

なにも悩む事無しに LinkStation の Vine 化完了。LinkStation から吸い出すべき物はこれで判ったので Debian 化も容易に進める事ができそう。

コンソール取り出し完了

Type-g PlatformさんのところのLinkStationコンソール引き出しの技を参考にして、シリアル用配線の取り出し&RS-232C変換回路の工作&シリアルコネクターの取り付けを行う。

Type-g さん作回路図はシリアルケーブル直付けを前提としたものなので、今回作成したオスコネクタ取り出しタイプの場合、コネクター側2番、3番ピンの結線が反対になる点に注意し回路作成(注:パソコン〜取り出しコネクター間の結線にストレートケーブルを使うならオリジナル回路図のままで問題なし)。

20040414-1.gif

てな感じでLANコネクターと筐体の隙間からフラットケーブルで信号を取り出し、本体後ろにRS-232C変換基盤を両面テープで取り付ける予定。

部品は以下を秋月電子通商にて購入。

1.RS232CインターフェースIC SP3232ECP ×1 @250円
2.片面ユニバーサル基板 ×1 @70円
3.Dサブ コネクタ 9ピン・オス(基板取付用Lタイプ) ×1 @60円

LinkStation HD-H120LAN 購入

LinkStation HD-H120LANをDebian化しようと購入。

品薄で入手困難な玄箱に比べ、本家LinkStationは常時在庫有りで価格的にも割高感なし。本体のみハードディスク無しな玄箱が1万5千円(オークションでは2万円使い値段をつけることも ^_^;)、ハードディスク120G内蔵な HD-H120LAN が2万4〜5千円なので、いつ入荷するか判らない玄箱を待つのではなく、HD-H120LANをベースにDebian化で遊んでみることに。

先ずは先人の情報を元にシリアルコンソールを付けてみよう。
記事検索
ギャラリー
  • 傷害保険(携行品特約付)証券到着
  • 傷害保険(携行品特約付)証券到着
  • 携行品保険を使い中古スマホに落下&水没補償を付けよう
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その4
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その4
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その3
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その3
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その3
  • AntRouter R1 改造パッチを試してみる
  • AntRouter R1 改造パッチを試してみる
Twitter プロフィール
Amazonライブリンク
アーカイブ