LinkStation/玄箱

簡単インストール image.zip 作成注意点

image.zip すり替えの技が出来ないとの話が出ていたので試行するが、展開に失敗するイメージを作れず・・と悩んでいたのだが、Link Station/玄箱 Hack BBS で問題は解決。

結局、KuroBoxUpdate.exe が展開出来るイメージの大きさに限界があったという単純な話。この技の発見で、俺流ディストリビューション乱立の可能性の予感が。

玄箱 Debian 化用 image.zip

KuroBoxUpdate.exe を使った玄箱 Debian 化に利用する image.zip &手順メモを、http://agora.spymac.net/ にアップ。難しい手順無しに、玄箱 Debian Box 化が可能です。

※簡単に Debian Box 化出来ると言うものの、掲載手順の実行並びに image.zip の利用は自己責任の元行って下さいますようお願いします。

玄箱 Debian 化メモ

KuroBoxUpdate.exe を使った超簡単玄箱 Debian 化の技。

☆用意するもの
http://kuro.kaguya.biz/data/contents.html掲載Debian化キット。現時点での最新版はhttp://kuro.kaguya.biz/data/debian_2004_05_02_dist.tgz

玄箱ファームウェアアップデート Ver1.02 (2004.04.20)
 
☆作業手順
1. Debian 化キットをダウンロード。ファイル名を tmpimage.tgz に変更し、これを zip 圧縮ファイルに変換(ファイル名 image.zip に)。
2.玄箱ファームウェアアップデートを解凍。解凍ファイル内のimage.zip を上記Debian 化キットimage.zip に差し替え。
3.新品orパーテーションを削除したハードディスクを玄箱に組み込み電源入。
4.KuroBoxUpdate.exe を実行。ファイル転送が完了するのを待つ。
5.ファイル転送完了の後電源断・電源入りで玄箱が再起動すれば、Debian化は完了。
6.玄箱ファームウェアアップデート内のimage.zipより/lib/modules 以下を引き抜き、玄箱の /lib/modules に展開。

玄箱到着

玄箱がソフマップより到着。噂通りな LinkStation の白ケースをスプレー塗装して黒くしたケースにあきれるばかり。塗りむらが目立っているってば!

実はケースの塗装が手間で増産体制に入れないのだったら笑い話なんだが・・・でも1つずつ手塗りしてそうな感じなので冗談で済ませられない雰囲気あり。

kuroevtd_1.1.1 出てます

kuroevtd_1.1.1の仕様変更を受けてhalt / reboot の細工を以下変更


/etc/init.d/AVR-EEEE、/etc/init.d/AVR-CCCC、/etc/rc0.d/K90AVR-EEEE、/etc/rc6.d/K90AVR-CCCC の4ファイルを削除。


/etc/init.d/halt に以下追記

echo -n "EEEE" > /dev/ttyS1


/etc/init.d/reboot に以下追記

echo -n "CCCC" > /dev/ttyS1

記事検索
ギャラリー
  • 傷害保険(携行品特約付)証券到着
  • 傷害保険(携行品特約付)証券到着
  • 携行品保険を使い中古スマホに落下&水没補償を付けよう
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その4
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その4
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その3
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その3
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その3
  • AntRouter R1 改造パッチを試してみる
  • AntRouter R1 改造パッチを試してみる
Twitter プロフィール
Amazonライブリンク
アーカイブ