Cobalt RaQ3,4 -> RaQ550改

RACKSTAR-RAQIII ちょっと手直し

CPU温度が正しく取得できていないのは、/usr/sausalito/swatch/bin/am_temp.pl が入っていなかったのが原因。とりあえず、am_temp.pl を入れれば問題解決。→本家にも報告しておこう。

rackstar を RaQ4にインストールしてみる

RACKSTAR-RAQIII.iso インストール手順

1.RaQ4のROMを cobalt-2.10.3-ext3-1M.rom に書き換え
2.RaQ4からハードディスクを取り出し、インストール用母艦に接続
3.RACKSTAR-RAQIII.iso で焼いたCD-ROMでインストール用母艦を立ち上げ
4.インストールタイプ(1.RAID1 2.RAID0 3.ディスク1台)を聞いてくるので選択
5.インストール完了までは自動的に作業進行
6.インストール用母艦からディスクを取り出しRaQ4に戻す
7.RaQ4フロントパネル”E”ボタンを押したまま電源投入、"CMOS RESTORED"の表示を確認後電源断
8.RaQ4フロントパネル”S”ボタンを押したまま電源投入、"Configure Boot Disk"にて起動ディバイスを設定の後、RaQ4再起動
9.再起動後フロントパネルよりネットワーク情報設定→ブラウザーより接続して初期情報入力
10.StarLinQ で修正パッチインストール

以上作業完了!
ネットワークブート&インストール可能と思い込んで作業すると、インストール用母艦のハードディスクデーター消失なんて事になるので要注意。

現在、僕の環境で確認できた問題は以下の2点
・ディスクに十分な空きがあるのに”ディスクの使用状況”ランプが赤色点灯
・CPU温度情報がアクティブモニターに反映されない(詳細を開くと”CPU の温度は表示される)

CPU の温度 51 ℃

我が家のRaQ550から、「装置コンポーネント中に通常よりも高温で動作しているものがあります。冷却用ファンの適正な動作とサーバの通気性を確認してください。」とメール到着。

空調無しな部屋に置いているものの、なんとか夏を越せそうだと思っていたですが・・・CPU の温度 51 ℃ / 装置内部の気温 47 ℃ に達してます。

この様子だと、室温が30 ℃を超えているかも・・・・ ^_^;

RackStar 非公式ミラー 設置

Asia
- Japan(Nara) http
- Japan(Nara) http [ For RAQ3/4 ]
- Japan(Nara) http [ For RAQ550/XTR ]

以上、本家が遠い・遅いって方はお試しください。

rackstar 1.0 インストール完了

ということで、DELL PowerEdge SC430 への rackstar インストールは問題なく完了。以下スクリーンショット数点。
こいつの強みは開発元がStarLinQ(BlueLinQ)による修正プログラム配布を提供している点で、インストール完了後サクサクっと修正プログラムのインストール完了。
rs.gif

こいつを開発したのは RAQTweak B.V. なんだけど、rackstar本体は無料配布でシェアを増やしておいて有料追加モジュールや有償サポートで収益を上げる作戦な様子。
記事検索
ギャラリー
  • 傷害保険(携行品特約付)証券到着
  • 傷害保険(携行品特約付)証券到着
  • 携行品保険を使い中古スマホに落下&水没補償を付けよう
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その4
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その4
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その3
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その3
  • Pocketmine-MP ホスティングサービス試用メモ その3
  • AntRouter R1 改造パッチを試してみる
  • AntRouter R1 改造パッチを試してみる
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
Twitter プロフィール
Amazonライブリンク
アーカイブ